2015年11月23日

東京旅行

この連休は高校時代からの友人の結婚式で東京に。

妻も知り合いなので、生まれて5ヶ月の娘と三人で参列しました。

前泊して土曜日の朝は時間があったので、明治神宮に参拝。

明治神宮前から降りて歩いていきましたが、都内とは思えない雰囲気。

「静謐」という言葉がぴったりでした。 

お参りでは、家族の健康と高3の生徒の合格祈願。 

人事を尽くして天命を待つ。

残り数ヶ月、人事は尽くしますが、その後のことは神頼みです。

一人でも多く、笑顔で春を迎えられますように。

その後は外苑まで歩いて、銀杏並木を歩いて帰る。

絶えず銀杏の葉が空から降ってきて、とても美しい。


その後、青山のチャペルで結婚式に参列。

今回は、乾杯の挨拶をすることなっていたので、非常に緊張。

音読を中心に何度も予行演習をしたけど、絶対にどこかで噛んでしまう。

会場には日本を代表する飲料メーカーと、人材派遣会社の偉い人たちが。

「ご指名により、僭越ながら、乾杯の音頭をとらせていただきます。」

これは、定型文とかではなくて、本心からの言葉です。笑

本番ではなんとか言い切りましたが、当分やりたくないですね。

乾杯の後は解放感から痛飲し、妻に翌朝叱られる。反省。 


日曜日は代官山のツタヤに行きました。

初めて行きましたが、あの雰囲気は最高ですね。

もう本当に毎日でも通いたいです。

本好きにはたまりません。

僕の住んでる街にも蔦屋できないかなぁ。

無理か。
 
村上春樹の旅行記と、内田樹の身体論の本を少し読む。

内田樹の本では、漫画家の井上雄彦との対談が掲載されていた。

漫画『バガボンド』の、武蔵が雪だるまを棒切れで切るシーンが取り上げられていて、

僕はあのシーンを読んだときに心底感動しました。

太刀筋の邪魔をしない、なんて普通出てくる言葉じゃないと思って。

僕はその言葉を剣道部の指導の時に使わせていただいたぐらい。
 
なので、そんな対談が掲載されているなんて、垂涎ものなわけです。

良い本達とまた出会えました。


連休最終日は国立科学博物館に寄って帰ります。

娘ともども無事に帰れますように。
 

burwonderwall at 06:45|PermalinkComments(0)