休校措置

2020年05月06日

【英語教育・休校措置】休校が明けた後に考えていること①構造分析篇

何か今日すごくたくさんの方が見に来て下さってます。ありがとうございます。

GWも本日までですが、僕の学校はまだしばらく休校が続き、夏休みを削って授業や試験に充てる予定になっています。

休校後のことを考えるとなかなか面白いので、今回はどんな悪巧み計画を立てているかを紹介します!



続きを読む

burwonderwall at 22:02|PermalinkComments(0)

2020年04月28日

【教育哲学・休校措置】従来の教育からICT教育への過渡期に求められる思考転換

学校教育現場はコロナウイルスによって依然として足止めをくっています。

「それでも何かできることを」という先生方が僕のブログにいらっしゃっているようです。




今まで学校教育現場は「アナログの最後の砦」とも呼ぶべき場所でした。

例えば教科書会社や出版社から届く大量の見本。

例えば毎日生徒に配られる大量の印刷物。

電子辞書より紙の辞書。


個人的には紙の「質感」は大事だと思っているので、それが悪いことだなんて微塵も思いません(高校生には電子辞書使わせますけど)。

ですが、僕も含めて多くの教員が抱いていた、「教育現場はデジタルではなくアナログであるべき」という僕たちの指導観を、今回の休校措置は大きく揺さぶってきます。


近々訪れる「afterコロナ」(あるいは「withコロナ」)の時代には、従来通りのアナログオンリーではなく、ICTを用いたデジタルとアナログの【ハイブリッド教育】の時代が来ます。

でもそのときに僕たち教員の思考がそのままアナログベースだと、順応できないんだろうなと思います。多分。

今回はそんなハイブリッド教育に必要とされるであろう考え方を、僕の中であるだけ列挙します。







続きを読む

burwonderwall at 17:01|PermalinkComments(0)

2020年04月24日

【休校措置】YouTube授業始めたので、そのコツと注意点をシェアします!後編

YouTube動画を使った授業について、前回の記事の続きです。

それにしても平日毎日動画をあげることで、今までにないスピードで授業が進んでます。

英文解釈系の授業だけは板書で説明しないといけませんが、昨年度一年間で40回進みましたが、今のペースならたった8週で終わってしまう計算です。

早すぎて教えることなくなる(笑)

ということで後半行きます!

続きを読む

burwonderwall at 06:30|PermalinkComments(0)

2020年04月16日

【休校措置】YouTube授業始めたので、そのコツと注意点をシェアします!前編

ついに全国に非常事態宣言が発令されました。

少なくともGW明けまでの休校が確定してしまったのではないでしょうか。


ということで、僕もついにYouTuberデビューしました(笑)

今4本撮影して2本公開してますが、思った以上に生徒が見てくれてます。

今朝8時にアップした授業の再生回数では、学年の生徒数で割ると、一人あたり2.5回再生されてます。


「いやいや、関係ない人が見てるんじゃないの?」

「そもそも生徒以外に授業を見られるなんて嫌だから、今回の話は関係ないな」


とか思ってませんか?


今回僕がやってみたことから判断すると、


生徒しか見てません!

生徒以外には見えません!


そのアップロードのやり方や、撮影や編集の細かい話を今回はシェアします!


続きを読む

burwonderwall at 23:41|PermalinkComments(0)

2020年04月14日

【休校措置】休校中に生徒にやらせることと、僕がやること

久しぶりの更新になってしまいました。

今週から県からの要請で再度休校。

コロナで仕方がないとはいえ、やれやれです。

愚痴っても仕方がないので、休校中にどうすれば新高2の生徒の学力を最大限伸ばせるかを考えました。

ではどうぞっ!
続きを読む

burwonderwall at 23:23|PermalinkComments(0)