【英語教育】読解問題集が一冊終わりました。【目標管理】2021年6月の振り返り

2021年06月30日

【英語教育・特別授業】共通テスト英語で8割取る会

放課後の特別授業を1学期後半から再編して行っています。

大きく二つ行っていて、一つは「共通テスト特講 」、もう一つは「東大特講」です。

今日は共通テスト特講についてどんなことをどういう目的でやっていくかを大まかに説明します。 

まず生徒の募集の段階で、「共通テストで8割以上をとることを目標にした会」であることを伝えました。

一クラスがいっぱいになるぐらいの人数が自主的に参加してくれていますが、中には8割どころか満点狙える生徒も多くいます。

それでも不安に感じている部分があるわけですが、集まった生徒には「満点を目指した結果として8割はあるかもしれないが、8割目指して満点はない」ということで満点を目指していきます。


今2回ほど授業を行いましたが、数十分の授業を数回受けたところで高い点数が狙えるわけがないので、家庭でやってもらうことに主眼を置いています。

今までやったこと

①センター試験大問2の文法問題を過去10年分解いて、ネクステージとの対応表(章ごと)に間違えた問題を記入。→3問以上間違えた章をノートに解き直して提出。

②センター試験第4問のビジュアル問題を5年分解く。


とにかくセンター試験の過去問を十二分に利用していきます。

今後としては、今やっているような問題演習に加えて、夏休みの間に宿題としている共通テスト問題集を皆で時間を計って解いたり多読を行ったりしていきます。


あとは僕の指導のデータにも活かしたいと思っているので、先日受験したベネッセ共通テスト模試の自己採点結果や、課題の正答数などをデータとして残していくことで指導の効果を数値化していきたいと思っています。


それもあって、【もしも期限内に指定した課題ができない場合は除名】ということになっています。


厳しい処置ではありますが、これは「この特講グループに属していても実際に動かなければダメ」だということを理解してもらうためでもあります。

共通テストまであと半年ほどではありますが、特講メンバーから8割を超えていく生徒が多く出る(というか全員越える)ことを期待しています!


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
もし本ブログに興味を持たれましたら、「読者登録ボタン」を押してもらうとLINEで更新の通知が届きます。僕には誰が登録しているか分からないのでご安心を。(登録人数すら分かりません。)登録も解除もすぐにできますのでお気軽にどうぞ。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





burwonderwall at 20:19│Comments(0)英語教育 | 特別授業

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【英語教育】読解問題集が一冊終わりました。【目標管理】2021年6月の振り返り