【洋楽】Shape of You / Ed Sheeran

2020年11月21日

【外部試験・徒然】第二回高2駿台ハイレベル模試が返ってきました。

10月中旬に受験した第二回高2駿台ハイレベル模試の結果が返ってきました。


簡単にまとめておきます。




全体的な話



平均偏差値の話をすると、55までもう少しというところ。


以前に6年間持ち上がった学年と比べてもほぼ同じなので、かなりいい感じできてます。

分野別の話



読解、英作文、文法、リスニング全てにおいて全国平均を上回りました。


読解に関してはまだまだ伸び代がありそうです。高3になってから一気にアクセル踏んでいくので、今はまだ我慢してます。


文法は今回の模試では東大っぽい形式の間違い探しと並べ替えでしたが、この辺りは生徒にもう任せてあるところなのでこんなものかな、という感じ。

それでも並び替えに関しては消去法で正当にたどり着けるだけの知識と論理性は求めたいですね。特に東大を狙う生徒たちには。


英作文とリスニングは全国平均と比べて割と差をつけることができました。


特に英作文は西日本の有名私学と比較してもトップレベルの出来でした。



前の学年も英作文は強かったですが(高2時のGTECでは日本一でしまた)、共通してるのは中1から暗写テストで基本的な表現をゴリゴリ覚えさせているからだと思ってます。それぐらい覚えとかないと、結局英作文で使えないですからね。


あとは今年英作文を担当してもらってる先生がベテランなのでその成果も大いにあるでしょうね。


いずれにせよ、力がつきにくい英作文とリスニングの分野でハイレベル模試でもリードができていることが分かりました。今のところ計算通りです。(怖いぐらいに。)


高3になるまでにリスニング力を二次レベルまで引き上げておき、高3になったら読解を浴びるように行って論理構造の理解と背景知識を深め、その課程で色々な表現に触れるので、英作文や文法にも磨きがかかり、全体としてさらに伸びます


第一回の駿台ハイレベル模試の時にも書きましたが、最後は男子校特有の爆発力を使って西日本の有名私学にも勝つつもりで指導していきます。


(第一回はこちら)



ここからが正念場!


地方私学の意地を見せます。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
もし本ブログに興味を持たれましたら、「読者登録ボタン」を押してもらうとLINEで更新の通知が届きます。僕には誰が登録しているか分からないのでご安心を。(登録人数すら分かりません。)登録も解除もすぐにできますのでお気軽にどうぞ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

burwonderwall at 15:09│Comments(0)外部試験 | 徒然(日常)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【洋楽】Shape of You / Ed Sheeran