【徒然】昨夜クラスの生徒からメールが来ました。【英語教育】リスニングのリハビリついでに大学入試突破しちゃいます!

2020年06月07日

【英語教育】解答解説全訳を渡しても授業は成立する

高2駿台模試がいよいよ近づいて来ました。

本校は来週月曜日に実施をする予定ですが、休校期間が長かったので、「リハビリ」がてら模試の過去問の解説を、授業が再開したこの月曜から行ってきました。

読解問題の解き方を解説するような授業は普段ほぼしないんですが、せっかくなのでどういう視点で僕が指導しているかを記事にします。

ちなみに解答、解説は事前に渡してます。

そういうレベルでのinformation gapで、授業中の聞き手(生徒)の興味を引き出そうとするのはちょっとずるいかなと思って。


読解問題は言語を用いた数学である。

僕の学校は男子校ということもあって数学に強い生徒が多いので、特に理系クラスでは上記のように伝えてます。

国語も含めて読解問題には全て「根拠」があり、その根拠を支えているのは「論理(ロジック)」です。

イメージとしては以下。

(本文)1+1=2
(問)文中に「2」とあるが、その具体的な理由を本文に即して述べよ。
→(答)1+1だから

これを「言語」という具体に落とし込むのが、評論文の読解です。

(本文)夜の冷え込みと栄養不足で風邪をひいた。
(問)本文に「風邪をひいた」とあるが、その具体的な理由を本文に即して述べよ。
→(答)夜の冷え込みと栄養不足によって

文章のこういったロジックを言語化していく作業こそが読解であると生徒にはことあるごとに伝えています。

読解問題の解説は、生徒の視点に立つとうまくいく

模試の解答解説には当然しっかり説明されているので、配布してしまえばそれに加えて解説をする必要性はないように普通は思われますし、僕も生徒が高2に上がるまではそれで済ましてました。

ですが、模試の解説には一つだけ問題があります。

それは「全文を間違いなく読解できていることが前提になっていること」です。

そんな解説を読むと、真面目な生徒ほど「分からない単語や表現があっては読めない」と思い込み、読めないことがある意味前提になっている一部の単語や表現に引っかかって読み進められなくなります。

でも実際は違いますよね?
日本語の文章でも分からない表現は普通にあるけど、前後の内容から推測したり、あるいは完全に無視することすらあります。

だから僕が解説するときは生徒の視点になるべく立って、「accusations とか言われてもまだ知らないよね。でもそれまでの文章でこう書かれているから、このaccusationsの意味はこういう意味だと分かるよね」という語りをします。

こうやってロジックを取る練習をすると、本文の中でも「しっかり読まないといけないところ」と「サポート文だから厳密な訳が分からなくても問題ないところ」との区別がつくようになります。

単語や文法といった具体的な話は解答・解説に任せておいて、授業では「最低限これだけの単語力と文法力があればこの問題は解ける」ということを示すのが僕の狙いです。

結論:模試の解答・解説を配っておいても授業が成立するのは、その英文のロジックの読み取り方を解説するから。

月曜日の模試では少しでも休校中の生徒の取り組みが(いい意味でも悪い意味でも)結果として表れますように!


<関連記事>
5年前に持った高3では、読解問題をめちゃくちゃやらせました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
もし本ブログに興味を持たれましたら、「読者登録ボタン」を押してもらうとLINEで更新の通知が届きます。僕には誰が登録しているか分からないのでご安心を。(登録人数すら分かりません。)登録も解除もすぐにできますのでお気軽にどうぞ。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



burwonderwall at 07:40│Comments(0)英語教育 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【徒然】昨夜クラスの生徒からメールが来ました。【英語教育】リスニングのリハビリついでに大学入試突破しちゃいます!