【管理】自己紹介とブログの説明【目標管理】2020年35歳の目標

2020年01月08日

【教育哲学・部活指導】青山学院の箱根駅伝優勝に「やっぱりすげえ」と思った僕は完全に原監督の術中にハマってます。

青山学院が令和最初の箱根駅伝で大会記録を大幅更新をして、五度目の優勝を飾りました。

昨年は残念ながら優勝を逃してしまいましたが、今年は「やっぱり大作戦」のスローガンの下に見事にチームを立て直して優勝を果たし、胸が熱くなりました。

部活指導する中でチームを作る難しさや強豪を倒す難しさなどを日々実感するからこそ、原監督「やっぱり」すげえってなりました。

そんな原監督ファンの僕が、今年の箱根駅伝を見て感じたことや、青山学院大学陸上部から部活指導として参考にしていることなど、原監督の書籍に書いてあったことをもとに基本好き勝手に書いていきます。(笑)


元々駅伝においては無名だった青山学院の箱根駅伝初優勝からの怒濤の四連覇。   

関連書籍も沢山出版され、僕も数冊読みました。その中で特にお伝えしたいことを書いていきます。

コミュニケーションが大切!


原監督も最初から上手くいったわけではなく、色々悩んだりされたようですが、指導の基本にあるのは、「競技者」ではなく「人間」を育てるということです。

人間的に成長するためにはコミュニケーションが取れないといけません。

原監督が陸上の推薦で生徒を取るときに、単純にタイムで取るのではなく、コミュニケーション能力が高い生徒を積極的に取るようにしているそうです。(このあたりは英語教育とも関連しそうですね。)

部員同士のコミュニケーションが充実し、原監督とも忌憚のない意見交換ができるようになったことで部内の雰囲気が上がり、それが勝ち続ける集団づくりの基礎になっています。
最後のランナーがゴールする直前の青山学院の原監督と学生たちが、同じ場所で同じ目で応援している雰囲気を見ると、「仲間感」を強く感じていいなあと思いました。

また、部活を指導していて難しいのは試合の選手に選ばれない子をどのように部と関わらせるかということですが、原監督はタイムトライアルを定期的に部内で行っていて、「基準となるタイムに届かなかった学生は競技者としてやっていくことは今後難しい」ということを事前に伝えておきます。

そして実際にタイムに届かなかった学生と原監督がしっかり話をすると、自分の意思で競技者からマネージャーに転向するそうです。

これ凄くないですか?

「競技者でなくても青山学院大学陸上部の一員でいたい」という帰属意識が生まれているのは、最高の環境作りと仲間作りが出来ているということです。

それもやはり日頃からコミュニケーションを大切にしている結果ですね。僕も生徒たちをこういう集団に育てたいと思っています。 


大義が大切!


原監督が毎年「~大作戦」とメディアを通じて発表していますが、あれは原監督が箱根駅伝を盛り上げるための方法として思いついたことです。

そもそも全く無名の青山学院の陸上部を箱根駅伝出場、そして箱根駅伝初優勝に導いた原動力も、原監督の陸上界を盛り上げたいという想いがあります。

原監督が学生をメディアに出したり、自身もメディアにどんどん出るのも、やっぱり陸上を盛り上げたいからです。

箱根駅伝でも笑顔でゴールしたり、仲間内で楽しそうにするのも、陸上の「つらくて暗い」イメージを払拭するためです。

青山学院大学の勝利の背景には、常に「陸上界を盛り上げる」という原監督の大義があります。

もちろんその思いはどの大学の監督もお持ちでしょうが、思っているだけではやはり実現しないわけです。

ラグビー日本代表にも、「自分達の戦いぶりを見て日本全体にもっとラグビーに興味を持ってもらいたい」という大義があり、その思いがベスト8進出という快挙を産み出しました。

しかし、優勝した南アフリカには「ラグビーを通じて人種差別が激しい南アフリカに、黒人と白人がOne Teamで戦っている姿をみせたい」というもっと大きな大義がありました。

自分達の勝利が他の人達に何をもたらすことができるのか。その大義を共有している集団が持つ強さを青山学院に見ることができます。

(ちなみに僕が顧問を務める剣道部にも勝つための大義があります。興味があれば自己紹介をどうぞ。)



以上二つの観点から青山学院陸上部について書かせてもらいましたが、本当に原監督の狙い通りに箱根駅伝や青山学院や原監督の情報を追いかけるようになりました。優勝インタビューも原監督のコメントが一番聞きたかったぐらい(笑)

ちなみに僕が読んだのはこの2冊。


 
青山学院陸上部でトレーナーをされている中野さんの本も読みました。



個人的には原監督と麹町中の工藤校長の対談が見てみたいですね。どちらも「常識」に縛られずに本質を見抜くイメージです。



もし本ブログに興味を持たれましたら、「読者登録ボタン」を押してもらうとLINEで更新の通知が届きます。僕には誰が登録しているか分からないのでご安心を。(登録人数すら分かりません。)登録も解除もすぐにできますのでお気軽にどうぞ。


burwonderwall at 21:24│Comments(0)徒然(日常) | 部活指導

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【管理】自己紹介とブログの説明【目標管理】2020年35歳の目標