【教育哲学】教育実習生がやってしまいがちなダメな授業【英語教育】能動学習×共同学習を行うときに必要な3つの力

2019年06月20日

【英語教育】共同学習と能動学習を取り入れた新しいスタイルで授業をしてみます。

高校1年生のうちに身につけさせたい力は色々ありますが、例えばリスニング力、帰り読みせすに直読直解する力、 メタ的なところでいえば言えば、CD などの音声を活用する力などは、なるべく早いうちに身に付けさせたいところです。

それらを身につけさせるためにどのような方法が効果的かと言うと、やはりシャドーイングにほかなりません。

これまで春休みの課題などでシャドーイングを家庭学習として行うということはさせてきましたが、なかなか生徒によって取組にばらつきがあるというのが現状です。

となると授業の中で全員が等しく行うよう指導にすればいいのですが、限られた時間内でそれを成し遂げるためには今まで行なってきたことを何かしら削らなければいけません。そこで今回は思い切って本文の解説時間を削り、本文の理解は生徒同士で行わせることにしました



生徒の中にはその点に関して不安を持つ者もいるでしょうし、僕自身も本当にこれでいいのか迷った部分はありますが、アクティブラーニングで有名な山本先生の著書を読んだり、


メンタリストの DAIGO さんの動画を見たり、
 

そうしたりする中で、やはり生徒が能動的に学ばなければそもそも学び自体が成立しないということを最近再認識したので、こういう授業スタイルに挑戦してみようと思いました。

なので、試験まであと3週間ほどありますが、今日の時点でターゲットとなる文法の説明と本文の大まかな内容の把握は終わっていますので、残りの授業を全てシャドーイングとグループ内での教え合いに当てようと思っています。

頭の中でだいたいのイメージやビジョンはありますが、本当にこれで生徒全員が能動的に取り組んでくれるかとなるとまだ分からないし、上位の生徒からしたらこちらがまとめて文法などを説明した方が効率は良いとは思いますが、その学年の力を決めるのは中下位層がどれだけ上位にくっついていくかということなので、全員が能動的に取り組めるという可能性を信じてこのようなスタイルをとることにしました。

生徒同士で学び合う仕掛けについては日にまとめて記事にするとして、新しいスタイルに挑戦してみるよ、という報告でした!


burwonderwall at 05:42│Comments(0)英語教育 | 科学×英語教育

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【教育哲学】教育実習生がやってしまいがちなダメな授業【英語教育】能動学習×共同学習を行うときに必要な3つの力