2020年10月

2020年10月18日

【英語教育?】現代文の試験問題(筑波過去問)の解説をします。

さて、週明けに筑波大の現代文の過去問を解説します。


…あ、大丈夫ですよ。


皆さんちゃんと英語ブログに来てますし、


ブログを乗っ取られたりもしてないし、


国語科教員にジョブチェンジもしてないです(笑)



以前にも書いたように、今学期はロジカルリーディングを授業の中で行ってます。



でもなかなか一朝一夕で身につくものでもないので、中間試験が終わった後に追加でどんな手を打とうかを考えてました。


続きを読む

burwonderwall at 21:45|PermalinkComments(0)英語教育 

2020年10月17日

【教育哲学・テスト】勉強は根性論では乗りきれないけど、テストでは一発かます気で臨むべし。

中間試験が終わりました。


僕の英語の試験では最後まで解き終わらない生徒が多数。


確かに問題数は多かったですが、この出来はイマイチ。


さらに、テスト中の雰囲気にどこか既視感があるなあと思いました。


それが何かというと…
続きを読む

burwonderwall at 07:23|PermalinkComments(0)教育哲学 | テスト

2020年10月14日

【英語教育・大学入学共通テスト】共通テストで結果を出すために生徒がやるべきたった一つのこと②

前記事の続きです。


精読と直読の違いと、直読のイメージを前記事でお伝えしました。


今回は核心とも言える部分、どのように直読をする練習を行っていくかについて書いていきます!


続きを読む

【英語教育・大学入学共通テスト】共通テストで結果を出すために生徒がやるべきたった一つのこと①

あと3ヶ月で初めての共通テストとなります。


高3生は各種問題集などで対策を行っているところでしょうね。


そういった問題傾向の分析などは必要なことだと認めた上であえて言います。


本当に英語力があれば、対策なんかしてなくても解ける。


過去問が存在せず、難易度も傾向も蓋を開けるまで分からない今だからこそ、当たり前のことに一度立ち返るべきです。


焦って問題集を解くだけではなく、共通テストで求められている英語力をきちんと理解し、その力をつける勉強を正しく行えばいいのです。


具体的に書いていきます。


続きを読む

2020年10月11日

【英語教育】 Genius Communication Ⅲを使ってシャドーイングを徹底的に行う

来週から中間試験です。


今学期はロジカル・リーディングをテーマに授業してます。


来週から中間試験ですが、先週末には教科書の解説が終わったので、今週はシャドーイングを空き時間にずっとやらせてました。


具体的には、パート毎(全4パート)に以下の手順を繰り返しました。




続きを読む

burwonderwall at 15:57|PermalinkComments(0)英語教育 | アクティビティ