2019年04月06日

【教育哲学】授業評価アンケートをやるべき理由と解釈について

僕は学年末に毎年持ち学年の生徒に授業評価アンケートを独自で行っています。
アンケート用紙は全てファイリングしているので、10年目となる今年は10冊目のファイルとなります。置き場に困ってきました(笑)

僕が自主的に行ってきた授業評価アンケートですが、最近うちの学校でも「なるべくアンケートを取って授業力向上に努めるように」という御達しがありました。
けど、教員の中にはやり方を根本的に間違えていたり、解釈の仕方が二通り生まれてしまう質問だったりがあって、あまり機能してないなあと感じます。

今回は
  1. そもそも授業評価アンケートが必要な理由
  2. どのようなやり方でするべきか
  3. どのように解釈すべきか
  4. (教員が自主的に行う場合のみ)目にいれたくないアンケート結果をなるべく排除する裏技
について考えていることを記事にします。
続きを読む

burwonderwall at 06:37|PermalinkComments(0)教育哲学 | 心理学×教育

2019年04月02日

【ガジェット】忙しい新学期だからこそTo doリストを作るならこのアプリおすすめ!

4月になりましたね。新学期のプレッシャーが半端ないですが、こういうときに慌ててもあまりよいことにはならないので、To doリストを作って優先度の高いことからやるのが定石です。

そんなTo doリストですが、紙に書くのもいいんだけど携帯でスキマ時間に書きためていくと時間が無駄にならなくてなかなかよいです。
今日は僕のおすすめするTo doリスト作成アプリを紹介します。

続きを読む

burwonderwall at 05:41|PermalinkComments(0)ガジェット 

2019年04月01日

【目標管理】3月の振り返り

過去記事「2019年(34歳)の挑戦リスト」について、3月も振り返ります。
続きを読む

burwonderwall at 05:35|PermalinkComments(0)徒然(日常) | 目標管理

2019年03月27日

【英語教育】高1の一年間の指導予定を公開します。

3月もあと数日でおしまいですね。やはり三学期は早い…。
今日は四月から新高1を教えるための教材やざっくりとしたプランを公開します!
続きを読む

burwonderwall at 06:00|PermalinkComments(0)英語教育 

2019年03月25日

【心理学×教育】「繰り返し」が逆に記憶の定着を阻害してしまう科学的理由

久しぶりの心理学ネタです。

今回は今まで以上に我々の「思い込み」をぶち壊す内容になっています。

元ネタはDaiGoさんのこの動画。
 
まずは大事なことをまとめます。
続きを読む

burwonderwall at 18:38|PermalinkComments(0)心理学×教育 

2019年03月24日

【徒然】上智大学で吉田研作先生にお会いしました。

半月程前の話ですが、とある機会があって上智大学の吉田研作先生にお会いしました。

上智大学に行くのは初めてだったので、写真も撮ってみました。


ソフィア通り歩いて…
DSC_0188_HORIZON

上智大学関係者の人たちでしょうか?
DSC_0189_HORIZON

到着しました。
DSC_0190


続きを読む

burwonderwall at 09:51|PermalinkComments(0)徒然(日常) 

2019年03月23日

【英語教育】オンライン英会話を授業に取り入れる時に知っておかないと痛い目にあうこと

前回の記事で中3GTECのスピーキングが平均133点で、オンライン英会話を導入したからだと前回の記事で書いたんですが、単純に練習効果の可能性もありましたね。

場馴れという意味では大切かもですが、手放しで礼讃するのも違うと思うので、オンライン英会話を導入するときに気をつけることを書きます。
続きを読む

2019年03月19日

【外部試験・徒然】中3GTECの伸び(3技能+Speaking)が予想以上でビックリした話

前回の記事に書きましたが、中3のGTEC for Students(3技能はBasic、SpeakingはAdvanced)の結果が戻ってきました。

GTECは中2のときに受験して2回目になります。大学入試が変わることもあるので、GTECに対応できるように日頃の授業で多少意識した活動は入れてますが、対策の時間を特別にとったりはしていません。

ですが、中3頑張ってくれました。データは以下に。
続きを読む

burwonderwall at 21:28|PermalinkComments(0)徒然(日常) | 外部試験

2019年03月16日

【英語教育】新高1の春休み課題

 学年末試験も終わり、残すところあと2日となりました。
無事に終業式を迎えたいところですが、「長期休暇のあるところに課題あり」ということで、学年末の成績処理と平行してそちらの仕事も行っています。
今回は新高1の生徒に出す英語課題を紹介します!
続きを読む

burwonderwall at 08:24|PermalinkComments(0)英語教育 | 長期休暇

2019年03月15日

【テスト】定期テスト作成マニュアル②~僕が初任の時に知りたかったこと~

前回の続きです。

今回は、具体的にどういった内容の定期テストを作問していくかについてです。

まず僕のphilosophyとして、和訳問題は出さないということを強調したいと思います。

そのメリットを3つと、「明らかに存在しそうなデメリット」が実は存在しなかった、という話から始めます。
続きを読む

burwonderwall at 06:53|PermalinkComments(0)テスト | 英語教育

2019年03月11日

【テスト】定期テスト作成マニュアル①~僕が初任の時に知りたかったこと~

今日からいよいよ学年末試験となります。
今回は色んなプレッシャーをかけてきたので、生徒たちは頑張ってくれるといいですが(笑)

さて、定期テストを作るときに実力問題をあまり出さないというのは、先日の記事で書いた通りですが、今回は具体的に、どのような手順と意識で問題を作っていくかを公開します
続きを読む

burwonderwall at 05:46|PermalinkComments(0)テスト 

2019年03月10日

【徒然】中3Z会アドバンスト模試で同僚の先生方から温かい言葉をもらったけど、残ったのは悔しさ。

1月末に受けた中3アドバンスト模試が昨日帰ってきました。

うちの学校では初めての模試(英検、GTECは除く)で他校間比較ができる貴重な機会となります。その結果と今後の展望について書いておきます。
続きを読む

burwonderwall at 05:51|PermalinkComments(0)徒然(日常) | 教育哲学

2019年03月08日

【心理学×教育】生徒に小テストで連続満点合格を狙わせる心理学的な仕掛け、Helpカード

ユメタンを使って単語テストをしていますが、80~90%合格で中1からやっています。

で、合格は合格なんですが、80%と100%ってかなり違うんですよね。勉強時間的にもその後の定着度的にも。
どうにかして満点を取ることを目指してもらう、というか「90点で悔しがる小テストにするにはどうするか」ということで生まれたのが「Help Cardシステム」です。

このシステムを導入してから、上位だけでなく中位の生徒たちまで明らかに満点を狙って勉強してくるようになりました。
今もずっとそのシステムでやっているんですが、実はこのシステムが心理学的にも非常に理にかなっていたということが分かったので、今回はこの「Help Cardシステム」をシェアします!
続きを読む

burwonderwall at 05:31|PermalinkComments(0)心理学×教育 | テスト

2019年03月05日

【英語教育】問題集ノートを検印だけ押して返してたら痛い目にあったので、その改善策を公開します。

IMG_20190304_145825
IMG_20190304_145701

毎週末にPYXISという問題集をノートに解かせて提出させてますが、昨日でその問題集ノートの提出も最終日でした。着々と「学年末感」が出てます。

さて、今日は前回のテスト記事から少し離れて、問題集のチェック方法について。

僕が初年度のとき、問題集のチェック方法についてはとても悩みました。

どのぐらい細かく見ればいいのか、経験的に分からないことに気付いたからです。

自分が中高生のときも問題集をノートに解いて提出しましたが、検印だけ押されて戻ってきていたので、本当に見ているかどうかはブラックボックス化されててよく分かりませんまでした。勿論一問ずつチェックすれば間違いありませんが、明らかに時間がかかり過ぎます。

仕方ないので僕は最後のページに検印だけ押すという、最悪の方法を初年度に取ってしまいました。

ただでさえ若くてなめられやすいのにそんな方法を取ったことで、気がつけば問題数を誤魔化す生徒が増えました。
すると、きちんとやっている生徒さえ怪しく見えるという疑心暗鬼に陥ってしまい、ノートチェックがある度に精神的にきつかったのをよく覚えています。

あれから10年になりますが、今では意図的にズルをしようとする生徒を発見して、課題を増やして再提出させられるようになり、結果としてそういう生徒はほぼゼロになりました。

今回はそのチェック方法をご紹介します。
続きを読む

burwonderwall at 05:07|PermalinkComments(0)英語教育 

2019年03月04日

【テスト】定期テストに実力問題を出しすぎると力がつかない理由

今日からテスト一週間前です。ぼちぼちテスト作りを始めないといけませんね。今回からしばらくテスト作りについて具体的に書いていきたいと思います。

今日のお題は実力問題について。
皆さんはどのぐらい実力問題って出題しますか?僕は高2~高3ぐらいまでは殆ど出しません。出題しても全体の 5%~10%の配点に留めています。

なぜなら、実力問題は生徒の力を伸ばすテストではないからです

これには理由が二つあります。
続きを読む

burwonderwall at 05:32|PermalinkComments(0)テスト 

2019年03月01日

【目標管理】2月の振り返り

過去記事「2019年(34歳)の挑戦リスト」について、2月も振り返ります。
続きを読む

burwonderwall at 04:22|PermalinkComments(0)徒然(日常) | 目標管理

2019年02月28日

【心理学×教育】生徒に定期考査の勉強を早く始めさせる方法

2月も残すところあと一日。

学年末試験の時期ですが、僕の学校はあと11日(264時間)で試験が始まります。

生徒にはなるべく早く勉強に取りかかってもらいたいものですが、これまでもあの手この手と策を弄してきました(笑)

基本スタンスは上のリンクの記事と変わりませんが、今回は以下のDaiGoさんの動画で紹介された心理学実験を応用して生徒に仕掛けてます。

動画を見る時間がない人のために、以下に要点をまとめます。

続きを読む

burwonderwall at 05:22|PermalinkComments(0)心理学×教育 

2019年02月26日

【教育哲学】林修先生と鉄緑会に関する2つの動画を見て、進学校で働く英語教員が本当に気を付けないといけないと感じたこと

最近YouTubeで色んな人の講演を聴きながら家事をしてます。

堀江さんの話はradicalで面白いし、鴨頭さんの生き様や考え方は胸が熱くなるし、武井さんの身体感覚やスポーツに対する分析は、剣道家の端くれとして面白いです。

日常聞けない話を聞けるのがリラックスにつながりますが、それでもどうしても見出しに釣られて教育関係の講演や番組(の一部)を見てしまいます。

今日はその中でもハッとさせられた林修先生の言葉と、それを再確認した鉄緑会に関する動画を紹介します。
続きを読む

burwonderwall at 05:19|PermalinkComments(0)教育哲学 

2019年02月25日

【徒然】久留米附設に授業見学に行ってきました。

この金曜日に私学の英語科の研究会で久留米附設に行ってきました。

元々40名の募集でしたが、やはり皆さん興味があるらしく、大幅にオーバーの55名の先生方が、北は北海道から南は鹿児島まで、まさに日本中から久留米に集まりました。
僕も初めて久留米附設に行きました。時間ギリギリでしたが、正門をパシャリ。

DSC_0136
右側には「久留米大学附設高等学校」とありました。
続きを読む

burwonderwall at 20:50|PermalinkComments(0)徒然(日常) 

2019年02月22日

【文法指導】倒置の教え方

中三の文法指導が全て終わりました。
あとは教科書の長文をリスニングさせて、速読させて、精読させて、暗唱させたら3年間の指導もおしまいです。やれやれ。

さて、中学最後に指導したのが倒置です。

「倒置を制すものは受験を制す」

というのは僕が勝手に言ってることですが(笑)、それぐらい大事なところだと思います。

倒置はただでさえ分かりにくいので、「説明はなるべく分かりやすく」を心がけています。具体的な話は以下。



続きを読む

burwonderwall at 05:10|PermalinkComments(0)英語教育 | 英文法