2019年10月27日

【恥さらし・教育哲学】初年度の中3に行っていた「一日一言」というコーナーから学ぶ「theひとりよがり授業」の生まれかた

僕の教員としての過去の恥をさらし、

失敗したっていいじゃない 

人間だもの

という相田みつを的なコンセプトでお送りする新カテゴリー【恥さらし】。

ちなみにカテゴリー名をローマ字でhajisarashiって書いたらamazarashiみたいで素敵だったんですが、分かる人しか分からないので妥協したという余談はさておき、今日は初任の中3で行った「一日一言」(いちにちいちげん)というコーナーを紹介して恥をさらします!(笑)

続きを読む

burwonderwall at 15:09|PermalinkComments(0)恥さらし | 教育哲学

2019年10月22日

【恥さらし】リアルしくじり先生 ~僕はこうして失敗しました~を新しいカテゴリーに加えます!

今回から、僕の失敗談を赤裸々に語るという【恥さらし】カテゴリーを加えることしました。

普段はわりと「上手くいったこと」を書くようにしていて、そういうノウハウをシェアするのはもちろん意味があると思ってますが、僕と同じように進学校に勤めていて、一般的に優秀とされる生徒をきちんと育てて結果を出すというのはそれなりにプレッシャーを感じるものだと思います。少くとも僕はそうでしたし、今もそうです。それが初任ともなると尚更ですよね。
そんな状況下で(一時的に)うまくいってない先生が、「こうやったら上手くいきました」みたいな記事を見て、「よし、やってみよう!」と思えるうちはいいですが、それで逆に「なんで自分はこんなに苦しいんだ…」ってやる気を失うことにも繋がり得るなあと思いました。
じゃあ何を読んだら苦しい中でも前向きになれるかといったら、僕がリアルにしくじったことを読んだら、「それでも何とかなるんだ」って思いません?
なので、可能な範囲内で少しずつ僕の黒歴史を公開したいと思います(笑)

続きを読む

burwonderwall at 22:26|PermalinkComments(0)恥さらし | 管理

2019年10月17日

【英語教育・アクティビティ】生徒が作成した定期テストの模試のクオリティが高過ぎて、問題作成者としては逆に危なかった話

現在絶賛中間試験中です。
僕の試験日は最終日の最後の時間になっているので、採点も始められず今のところふわふわしてます(笑)

さて、先日記事にした生徒による模試作成ですが、無事に完成して生徒に配布することができました。

今回はそれについて簡単に記事にし、どんな仕上がりになったかも写真で紹介したいと思います!

続きを読む

burwonderwall at 23:10|PermalinkComments(0)英語教育 | アクティビティ

2019年10月15日

【英語教育・入試】 2020年度から始まる新テスト。英語の外部試験について分かる範囲でまとめてみた。

先週末に高1保護者会が行われ、担当学年でもありますが英語科主任として、2020年度から施行される新テスト、主に外部試験について現状分かっていることをお話してきました。

今までの「センター試験」から「共通テスト」に名前を改め(名前的にはむしろ原点回帰気味?)、その内容については一部では新聞やニュースでも報道されてますが、英語の外部試験の実施などについても他教科の先生や保護者の方にはなかなか情報が届かないと思うので、この機会に「2019年10月現在で分かっていること」を勝手にまとめてみます!

続きを読む

burwonderwall at 17:12|PermalinkComments(0)英語教育 | 入試

2019年10月06日

【英語教育・アクティビティ】高1生徒に定期試験の模試を作らせたら思った以上に盛り上がったのでやり方をシェアします。

現在「教師が教える授業」から「生徒が学ぶ 授業」にシフトチェンジ中です。
その理由は「科学的に正しい学び方だから」です。

その一貫として、今回僕が担当している高1生徒に定期試験の模試を作らせてみました。色々思考実験して準備をし、盛り上がるかなと思ったところ、予想以上に盛り上がってしまい、予定していた一時間で終わらなかったのでもう一時間行います。 この記事ではどのように導入して実践したかを紹介します。
続きを読む

burwonderwall at 08:52|PermalinkComments(0)英語教育 | アクティビティ

2019年10月03日

【英語教育】 普通教室でアクティブラーニングを成立させて生徒がガンガン学びまくる環境を作るための具体的な方法

来週で試験一週間前になります。

すでに記事で紹介したように、試験範囲が全て終わっているので現在生徒は授業中に教科書本文をひたすらシャドーイングしたり、文法的に分からないところがあれば相談しあったり、自分で英文の大事なところに印をつけたりして、授業中に各自で学んでいる感じです。

来週からはさらに試験範囲でもある評価問題の整序英作文と英作文の小テストの追試を受けることになります。

教室の色んな場所で色んな学び方をしているという、一見雑多とも言える雰囲気が生徒の学習意欲にどのように関わっていくのかが今から楽しみです。

一学期は広い特別教室を使いましたが、今回は普通教室で具体的にどのように行っているかを紹介します。
続きを読む

burwonderwall at 06:44|PermalinkComments(0)英語教育 

2019年10月02日

【目標管理】9月の振り返り

10月になりました。先日の体育祭で紫外線に焼かれすぎて、顔が酩酊した人みたいに赤くなりました。日焼け止め必須。

さて、今月も過去記事「2019年(34歳)の挑戦リスト」について振り返ります。
続きを読む

burwonderwall at 06:44|PermalinkComments(0)目標管理 

2019年09月29日

【徒然・部活】超時短型の最強筋トレ法「HIIT」を部活で一緒にやったらQOLが上がりまくってる話

以前記事にも書きましたが、この4月から妻が職場復帰をして、子供の保育園の送り迎えが 僕のデイリーミッションになったので、自転車に乗る機会が激減しました。

それに比例してお腹回りの肉が徐々についてきて、「軽くヤバイ」状態でしたが、日々の 仕事と家事に忙殺され、打つ手なし、【HIIT】と呼ばれる筋トレ方法を知り、今ちょうど1ヶ月間実践していますが大きく改善中です。 腕周りで言うと 上腕三頭筋(二の腕の筋肉)が見えてきました。

この筋トレ法だと週に2回で1回4分~8分という短時間で、肥満体型の人も肉付きの少ない人もかっこいい細マッチョ体型になれ、僕自身は筋トレによってメンタルも向上してQOLが急激に向上しました。(思い込みではなく、科学的に証明されてます。筋トレは日本を救います(キリッ))


 



興味のある方は続きをどうぞ!

続きを読む

burwonderwall at 05:46|PermalinkComments(0)徒然(日常) | 剣道

2019年09月27日

【徒然・テスト】高1で小テストを死ぬほどやってます(単語テスト編)

ここ最近アクティブラーニング型の記事が多かったような気がするので、たまには ルーティンとしてやっていることを紹介します。

今回は小テストについて。僕の授業では小テストはほぼ毎回行われます。土曜日も入れると週に最大4回授業がありますが、そのうちの3回がユメタン1を使った単語テストで、残りの1回がネクステージを使った文法のテストになります。

今回はユメタンテストについて、進捗状況とやり方、あとは不合格だった生徒への追試の仕方も併せてご紹介します。


続きを読む

burwonderwall at 05:31|PermalinkComments(0)徒然(日常) | テスト

2019年09月20日

【英語教育・教育哲学】試験3週間前に試験範囲を終了させるための考え方を紹介します。

今回ですが、なんと中間試験の3週間前である来週月曜日には試験範囲が終わる予定です。

皆さんならもし試験まで3週間あったら何をさせますか?本文のキーセンテンスの暗唱とかサマリーライティングとかストップディクテーションとか内容についてのディスカッションとか、やれることは本当にたくさんあります。その自由度の高さにわくわくしませんか?

教科書は本来「使うもの」であるはずなのに、「終わらせないといけない」と思い、気がつけば「使われてる」ときがあります。

こういう感覚に陥ること自体は仕方がないことですが、だからこそ早く終わらせることができれば僕たち教師もそこから能動的に授業をデザインし、結果として楽しく取り組むことができます。

ですが単に「試験範囲終了」と言っても、それが何を指すかは人それぞれなので、今学期のwonderwall流のやり方を紹介します。



続きを読む

burwonderwall at 05:45|PermalinkComments(0)英語教育 | 教育哲学

2019年09月10日

【HR】生徒に伝えたい言葉:「人生とは打率ではなく打数だ」~現状維持バイアスから抜け出すために~

最近こんな言葉に出会いました。

「人生とは打率ではなく打数だ」

この言葉は「さとなお」こと佐藤尚之さんがnote.で書かれていたものですが、僕自身への反省も含めて、生徒に伝えたいことがとても多く含まれているように思えます。

具体的には続きをどうぞ!

続きを読む

burwonderwall at 22:48|PermalinkComments(0)HR | 徒然(日常)

2019年09月06日

【長期休暇】夏休みが明けたので「英語の構文150」を配り、これで高2終わりの春休みまでの宿題が決まりました。

夏休みが明けました。

夏休み明けテストも終わり、夏休みの宿題も回収し、少しずつ平常運転に戻りつつあります。昨日が2学期の授業開きでしたが、早速冬休みの宿題を配りました。(笑)

厳密には冬休みの宿題でもあるし、春休みの宿題でもあるし、なんなら来年高2の夏休み、冬休み、春休みの宿題でもあります。

一つの教材を徹底的に使い込むようにデザインしたので、具体的に何をどのようにするかについては続きをどうぞ!


続きを読む

burwonderwall at 05:35|PermalinkComments(0)長期休暇 | 英語教育

2019年09月01日

【目標管理】8月の振り返り

9月になりました。明日から始業です。

毎年味わうこの虚無感というかやるせなさ。
諸々噛み締めながら過去記事「2019年(34歳)の挑戦リスト」について、今月も振り返ります。
続きを読む

burwonderwall at 16:45|PermalinkComments(0)目標管理 

2019年08月19日

【科学×英語教育】「ブロック・プラクティス(集中的訓練)」の2倍の定着率を持つ「インターリーブ学習」とその具体的指導例

いよいよ仕事再開です。
家庭で9日間過ごしましたが……まあやっぱり仕事してる方が楽ですね。(楽しいのは両方ですが。)

さて、今日は僕たち教員がやってしまいがちな「ブロック・プラクティス」について確認し、その2倍の学習効率を持つ「インターリーブ学習」について紹介します。

続きを読む

burwonderwall at 07:20|PermalinkComments(0)科学×英語教育 | 英語教育

2019年08月17日

【徒然】家族で朝にSLやまぐち号に乗り、昼は唐戸市場でうまい寿司をたらふく食べ、夜はビールを浴びるほど飲んだ話

盆休みも終わりが近づいてますが、このお盆に家族でSLやまぐち号に乗って、下関の唐戸市場に行ったので、ゆるい感じで記事にしてみます。

下関にビール飲み放題の旅館があったので、そちらも紹介します!(笑)
続きを読む

burwonderwall at 13:52|PermalinkComments(0)徒然(日常) 

2019年08月15日

【科学×英語教育】初めて教壇に立つときに必要な心構え

先日僕の学校で英語科教員の採用試験が行われました。その結果、非常に優秀な新卒の方を採用することに決まり、これからが楽しみです。

とはいえ、僕も初めて働く前はかなり不安でした。僕の知識程度でちゃんと教えられるんだろうか、生徒はちゃんと授業を聞いてくれるだろうか…などなど。

今回の記事はそんな新任教員の頃を思いだし、「メラビアンの法則」を踏まえて、教壇に初めて立つときに必要な心構えについて書きます。
続きを読む

burwonderwall at 14:03|PermalinkComments(0)科学×英語教育 

2019年08月12日

【教育哲学】「麹町中の実践に対する指摘」への反論と、僕が思う工藤校長の真の実績

麹町中の工藤勇一校長と言えば最近面白いことをされている先生です。

ご存じない方はこちらを一読されるといいかもしれません。



の工藤校長のインタビュー(子どもの「主体性」を育てるために、絶対にやってはいけないこと)を読んだんですが、本当に面白い人ですね。かなり刺激を受けたので記事にしました!


続きを読む

burwonderwall at 05:34|PermalinkComments(0)教育哲学 

2019年08月05日

【目標管理】7月の振り返り

8月になりました。夏休みまであと少しですが、まずは7月の振り返り。

過去記事「2019年(34歳)の挑戦リスト」について、今月も振り返ります。
続きを読む

burwonderwall at 16:40|PermalinkComments(0)目標管理 

2019年07月27日

【教育哲学】「教育は『教員の不在』によって完結する」という孤独に向き合うために

一学期に「教えない授業」(能動学習)を実践してみましたが、夏休みに同じ学年を教えているネイティブの先生が「同じようにやってみたいので、アドバイスが欲しい」ということで授業案を見せてくれました。

2つ、3つ程、前の記事で書いたことを基に改善点を伝えましたが、こうやって自分の挑戦が周囲に伝播していくのって嬉しいですね。

でも能動学習は、教員によってはやりたがらない人もいます。
それは何と言っても、「教員(自分)が不在でも学びが成り立つ」という現実を直視したくないからです。

今回はそのあたりを一応説明して、どういう心持ちで僕が能動学習に取り組んだかを記事にします。

続きを読む

burwonderwall at 23:24|PermalinkComments(0)教育哲学 

【長期休暇・英語教育】高1夏休みの補習でこんなテキスト使ったら、勉強しない生徒が二時間完全沈黙で頑張った話

一学期に業者の方が「神奈川の超有名進学校(S中高)も補習で使ったらしいよ」と言って僕の机にこのテキストを置いていきました。


夏休みに、期末試験の素点で下位20名を集めて補習をするつもりだったので、注文しました。
はい、僕はチョロい客です。(笑)
続きを読む

burwonderwall at 14:06|PermalinkComments(0)長期休暇 | 英語教育